トップページ > 介護・バリアフリー

介護・バリアフリー

玄関 │ 階段・廊下 │ 寝室・居間 │ 浴室・洗面所 │ トイレ │ 屋外

玄関 【改造のポイント】
玄関は、生活の範囲を広げるために重要な空間です。
外出が可能になることは社会とのつながりを保ち、意欲の向上にもつながります。安全に外出するためには段差の解消、クツの着脱等のスペースの確保、収納スペースの確保、滑り止め・補助手すりの設置等の工夫が必要です。

⇒改造例


■段差解消機(福祉用具貸与)

  • 段差解消機を設ける場合は専用回路とすると便利です。

■車椅子を利用する場合(対象外)

  • 車椅子の収納スペースを確保します。
  • 土間の広さは有効で幅1,100mm、奥行1,200mm以上必要です。
  • 雑巾置場を設けると便利です。
  • 上り框に簡易スロープを設ける場合は勾配に注意します。

会談

廊下

【改造のポイント】
階段・廊下は住宅内の各部屋を利用するための重要な移動スペースです。自立するには、行きたい部屋に、不自由なく行けることが大切です。安全に移動するためには、段差の解消、滑り止め、補助手すり等の工夫が必要です。

⇒改造例


■補助手すり(参考)

  • 廊下と各室の手すりが連続するようにします。
  • 高さは本人の杖(つえ)の高さにより決めます。
  • 身体状況にあわせるため上下可動式のものを選びます。

■廊下横断用遮断機手すり(住宅改修)

  • 廊下を楽に横断できる手すりがあれば便利です。

■滑りにくい床材へ変更する

  • 滑りにくく弾力性に富んだコルクなどの床材に変更すれば万一の転倒・転落の際にもけがをしにくくなります。

■車椅子を利用する場合(住宅改修)

  • ドアを引戸に取替えると使いやすくなります。
  • 引戸やハンドルは座った姿勢でも手の届きやすい、長めのものを選びます。

寝室・居間 【改造のポイント】
住宅の中で大部分の時間を過ごす空間です。安全に注意し、採光や通風を十分に確保することで、快適に過ごすことが大切です。それには、段差の解消、スペースの確保、家具の配置の考慮、補助手すり等の工夫が必要です。

⇒改造例


■設備機器(対象外)

  • 非常ブザー等の通報装置があれば、便利です。
  • 暖房は部屋全体の保湿が可能な設備とします。

■家具配置(対象外)

  • 身体状況にあわせて、ベッドの位置を決定します。
  • ベッドは直接日の当たらない位置にします。

浴室

洗面所

【改造のポイント】
浴室・洗面所は、身体と精神をリフレッシュするための重要なスペースですが、転倒や溺れるなどの重大な事故が多い部分でもあります。安全に入浴するためには、段差の解消・滑り止め・介護器具の選定、補助手すり等の工夫が必要です。

⇒改造例


■浴室への出入口(参考)

  • 握り手、引き手は操作しやすいものを、使いやすい高さにします。
  • 鍵は緊急の場合、外から開けるものとします。
  • ガラスはポリカーボネイト板等の破損しにくい材料にします。
  • 開口幅は650mm以上にします。
  • 出入口の段差は20mm以下とします。

■設備機器(対象外)

  • 体温の低下防止に暖房設備があれば便利です。
  • 非常ブザー等の通報装置があれば便利です。

■補助手すり(参考)

  • 身体状況にあわせて、手すりを設けます。
  • 手すりは体重がかかるため、取り付けを十分に行います。
  • ユニットバスで壁に付けられない場合、浴槽に簡易手すりを設けます。

■床材の変更(住宅改修)

  • 床材をコルクに変更すると滑りにくく冷たさを感じない仕上げになります。

■洗面所の出入口扉(参考)

  • 上吊戸または、フラットレールの引戸とします。
  • 明窓は、内部の見えないポリカーボネイトにすると安全です。
  • 敷居の段差は3mm以下とします。
  • 扉の幅は有効750mm以上とします。

トイレ 【改造のポイント】
トイレの利用頻度は高齢になるとどうしても多くなります。適切な用具を付けることで、トイレまで安全に行くことができ、また介護負担を軽減できる環境を整えることが大切です。自立のためには、段差の解消・換気・暖房設備・補助手すり等の工夫が必要です。

⇒改造例


■設備機器

  • 体温の低下防止に暖房設備があれば安心です。
  • 非常ブザー等の通報装置があれば安心です。
  • 手洗器は使いやすい位置に設け、レバー水栓等の操作しやすいものにします。

■出入口・扉

  • 上吊戸または、フラットなレールの引戸とします。
  • 握手・引手は、操作しやすいものを、使いやすい高さにします。
  • 明窓は、割れにくい内部の見えないポリカーボネイトにすると安全です。
  • 錠は緊急の場合、外から開けることのできるものにします。
  • 扉の幅は有効650mm以上とします。
  • 敷居の段差は3mm以下とします。

■介改修

  • トイレ使用時にトイレ用遮断機式手すりがあれば楽になります。
  • 腰掛便座(和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの)

屋外 【改造のポイント】
住宅の内部だけでなく、自立するためには、玄関アプローチ等屋外の改造も重要なポイントとなります。安全に外出するには、段差の解消、滑り止め、補助手すり等による工夫が必要です。

⇒改造例


■駐車場(対象外)

  • 駐車場は本人の寝室や玄関に近いところに設けます。
  • 身体状況や地形により、専用出入口を設けます。
  • 雨に濡れないで建物に入れるようにひさしを設けます。

■設備機器(対象外)

  • テレビインターフォンを設けると便利です。
  • 人感ライトを設けると便利です。

■出入口・扉(参考)

  • 玄関ポーチと入口ドア材の段差は20mm以下とします。

■スロープ手すり(住宅改修)

  • アプローチに設置する手すりは、屋外空間にマッチするものを選ぶことも大切です。

■移動用スロープの設置

  • 車椅子を利用して移動する場合はスロープを設置します。

※介護保険対象項目参考資料:
「介護保険における住宅改修/実務解説」(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

玄関 │ 階段・廊下 │ 寝室・居間 │ 浴室・洗面所 │ トイレ │ 屋外

Top